PURPOSE

組織コンセプト

「働くひとたちの健康行動」
に問題意識とチャンスを感じる
 メンバーのみなさまとともに、
しなやかに機動的に諸活動を推進。

組織・運営体制

メンバー(会員)

  • スペシャルメンバー
  • 一般メンバー

事務局(世話人スタッフ)

事務局長

代表世話人

アドバイザリー・ボード

  • スペシャルアドバイザー
  • アドバイザー

連携・協力機関

代表世話人

中島 順(一般社団法人健康マスター検定協会 常務理事)

事務局長/世話人総括

米田 哲郎(株式会社シーピーユー代表)

運営事務局/世話人

株式会社シーピーユー

事業協力

PARTNERSHIP

さまざまな機関と協力・連携

アドバイザリー・ボード・メンバー

(※敬称略/順不同)

スペシャル・アドバイザーからのメッセージ

大谷 泰夫

神奈川県立保健福祉大学 理事長 / 一般社団法人健康マスター検定協会 理事長

新型コロナウィルスの大流行により健康に関する関心、知識が急激に広がりました。しかし、人生100年時代は感染症からの防御だけではなく、生涯にわたる健康意識の維持と実行により支えられることを再認識する必要があります。
 近年、「未病」という新しい健康観により、単に予防に努めるだけでなく、病気の発症後も治療一辺倒にならずに、体のコンディションを維持調整しながら過ごす方法が提唱されています。こうした考え方が健康経営の基本となり、同時にこの健康観を支えるリテラシーやサービスの普及が世の中を変えていくものと考えており、この「健康行動ネットワーク」の場では、従来型の行政依存から脱したビジネスベースでの展開こそが期待されます。

岡田 邦夫

特定非営利活動法人 健康経営研究会 理事長/健康長寿産業連合会理事

社会の潮流は、健康の価値観を大きく変えつつあります。高齢社会が急速に進みつつある現代社会の先行きはより不透明となりつつありますが、人間社会の基盤は、一人ひとりの健康であり、その健康を維持し続けることが、社会の発展に寄与することになります。いまや、一人ひとりが行動変容により健康を確保するだけではなく、職場においても、また地域においても健康づくりを支援するような社会環境の醸成が必須となっています。
今回発足した「健康行動ネットワーク」は、社会的健康の実現のために果たす役割は大きいといえます。我が国独自の健康開発の推進は、豊かな高齢社会の構築に寄与するものです。

アドバイザー

社会政策課題研究所所長
岐阜大学客員教授

江崎 禎英

社会的健康戦略研究所代表理事
フジクラ健康社会研究所取締役

浅野 健一郎

筑波大学教授
スマートウエルネスシティ政策 開発研究センター長

久野 譜也

ヘルスケアビジネスナレッジ代表
取締役 事業構想大学院特任教授

西根 英一

コミュニケーション・ディレクター
ファンベースカンパニー取締役会長

佐藤 尚之

女優
健康マスター名誉リーダー

杉田 かおる

立教大学大学院客員教授
インフィニティ代表取締役

牛窪 恵

順天堂大学大学院特任教授
さんぽ会会長

福田 洋

山野美容芸術短期大学教授
新井研究室代表

新井 卓二

スポルツ代表取締役
HealthBizWatch編集主幹

大川 耕平

アーティスト
東京藝術大学美術学部准教授

スプツニ子!

代表世話人

一般社団法人健康マスター検定協会常務理事

中島 順

事務局長

株式会社シーピーユー
代表取締役

米田 哲郎

スペシャル・メンバー

市川久浩(ヤフー グッドコンディション推進室室長)

岡原伸太郎(ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ統括産業医)

小林洋(健康医療デザインアドバイザー)

佐藤光弘(富士通ゼネラル健康経営推進部部長)

田中奈穂子(SBアットワーク ライフサポート事業部ウェルネスセンター長)

野口真理子(博報堂 ビジネスプロデューサー)

樋口毅(健康経営研究会理事)

平井孝幸(イブキ代表取締役)

藤岡雅美(経済産業省ヘルスケア産業課総括課長補佐)

藤田 友佳子(PHONE APPLI健康経営コンサル事業部長)

森本 真弘(MS&ADインターリスク総研リスクマネジメント第4部部長)

渡邊 磨由子(電通事業共創局コミュニティ開発部長)

シンボルマークに込めた想い

“共創互恵的アメーバ運動コミュニティ”

~先行き不透明な(VUCA)時代に対応すべく、“柔軟で不定形の生物=アメーバ”をモチーフに多様なメンバーの皆さまとの共創互恵的な活動の源泉となる”ダイバーシティ”を意識して、本会のシンボルマークをつくりました。「働くひとの健康行動の壁」という古くて新しい社会的難題をブレークスルーするために、本会は、共創的でプロアクティブな活動を展開してまいります。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました